運ぶ荷物によって変わる仕事内容

積み荷と求められる能力

トラックドライバーの求人をチェックする時は、どんな荷物を運ぶことになりそうか、あらかじめ確認しておくことが大切です。扱う積み荷が違えば、仕事内容も大きく異なるのがトラックドライバーという職業だからです。例えば、引越ドライバーとして働く場合、積み荷となるのはお客様の大切な荷物です。家具や大型家電をはじめとする、重い荷物の運搬にあたることが日課となります。運転技術だけでなく、体力が求められる仕事と言えるでしょう。

また、宅配ドライバーが扱う積み荷は、個々のお客様へお届けする荷物です。お届け先を巡るかたわら、集荷の依頼があれば、必要に応じて個人宅や企業に出向くことになります。お届け物によっては配達時間が指定されているため、適切な時間配分が求められる仕事でもあります。このように扱う積み荷によって、仕事内容と求められる能力がそれぞれ異なってくるのが、トラックドライバーの求人なのです。

特殊な免許が必要になる積み荷も

トラックドライバーが運ぶ積み荷は、勤め先によって千差万別です。危険物の運搬がメインの会社だと、就職にあたって特殊な免許が必要とされるケースも珍しくありません。運搬時に万が一事故が起こった場合、ドライバーがしかるべき措置を行うことになるためです。トラックドライバーの求人を見る時は、応募資格をしっかり確認してください。積み荷が化学薬品だったり、燃料油だったりする場合は、「危険物取扱者」の資格が必要です。また、高圧ガスを運搬する、ガスタンクローリーのドライバー募集では、「高圧ガス移動監視者」と呼ばれる資格が必要とされます。さらに重い荷物の積み下ろしにあたって、国家資格である「フォークリフト運転者」の免許が優遇される職場もあります。

トラック運転手の求人を探す時にどの様な手段があるのか悩んでしまいますが、ハローワークに行けばすぐに問題が解決されます。