トラックドライバーに求められるもの

何よりも大切なのは安全第一の心!

度々報道番組でも取り上げられている「あおり運転」。車を運転する人にとって無縁ではいられない話題ですね。トラックドライバーなら運転するのは毎日のことなので、なおさら気をつけなければいけません。時間との戦いでもあるトラックドライバーにとって、渋滞や周囲を気にしないでマイペースで走る車は邪魔な存在となります。そんな状況に遭ったときに感情的になってあおってしまったり、逆に自分があおられたときにムキになって他の車の邪魔をしてしまっては、ドライバー同士のトラブルや事故を招いてしまいます。また予定時間より遅くなってしまったときなど、気持ちがイライラしていたりすると事故のもとになります。そんな時は一度深呼吸をして、ドライバーに必要なのは「安全第一で荷物を目的地まで運び無事に帰ってくることが絶対!」ということを思い出しましょう。

体調管理もドライバーの仕事!

仕事中や運転中などにイライラしたとしても、気持ちを落ち着かせられるように精神的な管理も必要ですが、同じくらい大切なのが体調管理です。やはり具合が悪ければ精神的にも不安定になりがちで、体調不良によるちょっとした不注意が事故を招くもとになってしまいます。運送業界は慢性的な人手不足で、風邪など少しの体調不良では代わりに運転できる人がいないために休めなかったりします。ですから、日頃からしっかり食べてよく眠るなど体調管理には気をつけたいですね。また、なにか身体の調子が悪いのだけど、どうしても休めない時は、点呼のときに運行管理者などに症状を伝えて対応してもらいましょう。運転中も無理はせず、こまめな休憩をとるなどの対処をし、無事に帰ってこられるように努めてください。

大型のトラックドライバーの求人情報は、雑誌や新聞記事が参考になります。また、スマホの求人サイトを見たり、運送会社の公式サイトの案内を確認したりするのも良い判断材料です。