トラックの大きさの違いについて押さえておこう

大型トラックの運転は慣れるまでに時間が掛かりやすい

トラックドライバーの仕事に関心がある時は、各社で主に使用されているトラックの大きさの違いについて押さえておくことが大事です。特に、長距離のトラックドライバーが活躍している職場では、大型トラックが導入されているところが多く、採用時に大型免許の取得が条件となることがあります。また、免許の取得をした後も車幅の感覚がなかなか掴めなかったり、マニュアル車の操作方法を覚えるまでに時間が掛かったりすることもあります。そこで、経験が少ない人が大型車のトラックドライバーの求人に応募をする際には、各地の運送会社の中でも、採用後の研修期間中に先輩のドライバーに同乗してもらえるところや、業務マニュアルがきちんと作成されているところを探すことが肝心です。

ルート配送用の小型のトラックを使った仕事は初心者におすすめ

運送会社の限られたエリア内のルート配送用の小型のトラックを使った仕事については、普通免許しかなくても採用してもらえることが多く、実務経験がそれほど厳しくチェックされません。こうした仕事は、ルーティンワークがメインとなりますが、顔なじみの顧客とコミュニケーションを取りながら業務に取り組めるため、人付き合いが得意な人に向いています。最近では、事業拡大や欠員補充など様々な理由でパートやアルバイトの小型トラックのドライバーを採用している運送会社の数も増えています。そうした中、小型のトラックを使った業務に魅力を感じた時には、各地の会社で行われている業務説明会に参加したり、現役のドライバーから仕事のやりがいを聞いたりすることがおすすめです。

中型のトラックドライバーの求人は働きやすい環境が整ってきています。交通安全の研修制度の充実や休みの日数の確保などが特徴的です。