トラックドライバーに必要な資格

普通自動車免許があればよい

トラックドライバーは、実は普通自動車免許さえあれば誰でもできます。
特に個人宅への荷物の宅配をしているセールスドライバーや卸問屋のトラックドライバーは、これに当てはまります。
これは業務に利用しているトラックが、小型トラックという普通自動車でも運転できるトラックを利用しているからです。しかも、これらのトラックはオートマ車もありますので、オートマ限定免許でも運転できます。それゆえ、最近では女性のトラックドライバーが増えてきていて、トラックドライバーが男性がやる職種であるとはいえなくなりました。
近年では、トラックドライバーの人手不足が話題になっていますので、興味があって応募すれば内定を得られることがあるかもしれません。

稼ぐなら大型トラック

トラックドライバーでより多く稼ぎたいと考えているのであれば、大型トラックドライバーになることです。

大型トラックドライバーは文字通り大型自動車免許がなければつくことが出来ない仕事です。この大型免許の取得は費用と時間がかかりますので取得は容易ではありません。しかし、一定期間運送会社で小型トラックドライバーをしていれば、会社負担で大型自動車免許取得の支援をしてくれます。費用は全額負担してくれる企業もありますので、将来的に大型トラックドライバーになりたいのであれば、大型自動車免許取得支援制度がある運送会社に就職するのがベストです。

大型トラックドライバーは、運送会社では花形的なポジションですので、やりがいはあります。

小型のトラックドライバーの求人は求人サイトで見つけられます。ドライバー求人関連のサイトを探してみましょう。